PR

ドイツ車の宿命?!アウディA4アルミモールの白サビを除去でっす(^_^)v

A4 (B9)
この記事は約4分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

だいぶ涼しくなってきました。朝晩は肌寒いくらいですね。
それでも日中は暑かったりするので、うまく上着で調整しないと体調を崩しそうです。

さて今回は、今年もやりますアルミモールの白サビ除去。モールスーパーが大活躍というお話です。

スポンサーリンク

1.アウディA4にまたしても現れたアルミモール上の白サビ

残暑が厳しかった頃でしょうか。
ふと愛車を見ると、アルミモールに白サビのつぶつぶが目立つようになってました。

しかも、いつもの位置に。
ウチのA4 Avantの場合、ラゲッジルーム左右にある窓枠の部分です。

たしか、去年もこの時期に白サビ除去をしてる気がします。
季節、気候的なものの影響で白サビが発生しやすいのでしょうかねぇ。

白サビは見栄えが悪い上に、放おっておくと深い部分まで浸透してしまい、除去が難しくなるので厄介です。
ということで涼しくなってきたし、ここらで白サビ除去の作業を行うことにします。

スポンサーリンク

2.アルミモールの白サビ除去には「モールスーパー」が効果あり!

この白サビ、簡単に取れるかと思いきや取れないんですねぇ。
私はドイツ車に乗り始めて10数年ですが、その間いろんな白サビ除去剤を試しました。

業者にお願いしたこともありますが、お値段が高いのに割と早い段階で再発してしまったりしてました。
で、最終的にたどり着いたのが、「モールスーパー(Mold Super)」。

これはお値段はお手頃で、素人にも効果が実感できるものだと思います。

ワコーズのメタルコンパウンドなどよりも、白サビが落ちるのが目に見えてわかりますよ。(メタルコンパウンドが悪いと言っているわけではありません)

私はAmazonで購入しましたが、楽天やYahoo!ショッピングでも取り扱いがされているみたいです。
普段使用しているサイトか、保有しているポイントが使えるサイトでの購入ができるかと思います。


Amazonで探す
Rakutenで探す
Yahoo!ショッピングで探す

3.「モールスーパー」を使用する際の注意点は?

モールスーパーを使用して白サビを除去するに当たって、別途必要となるものはありません。
まぁあえて言うなら、タオルくらいですかね。

作業開始前に固く絞ったタオルで表面の汚れを落とし、作業終了後に拭き取る。
タオルの役目としてはこのくらいでしょう。

モールスーパーは液状で、そいつを専用のスポンジに付け研磨していくわけですが、アルミモール周辺のボディを誤って研磨してしまわないようにマスキングテープ (モールスーパーのパッケージに付属) で保護しておく必要があります。

面倒くさいからと言ってこの作業を怠ると、痛い目に合うかもしれません。

あと、研磨する際のポイントとしては、20センチくらいを振り子のように小気味よく研磨し、全て除去し終わったと感じたら次の箇所へ行くようにする点。
これは付属の説明書に記載がありました。細かく擦るのは良くないみたいです。

直線の箇所は割と簡単ですが、湾曲している箇所はやや難易度が高いですかね。
力が入れにくかったり、勢い余ってボディを研磨してしまったりしやすいです。

4.磨き終わったら、コーティングしておしまい

一通り研磨し終わって目視で確認すると、この時点でも結構満足度は高いはず(白サビの付着状況によって異なりますが)。
ただよく見ると、まだ除去しきれていないところがあるので、そこを重点的にもう一度研磨します。(このときも振り子を意識して)

全て除去しきれたら、固く絞ったタオルできれいに拭き取ります。
液が溝などに入り込んでいる場合があるので、注意して確認して拭き取ります。

ここまでで、アルミモールがきれいな状態になりました!
ただこのままだと、アルミがむき出し(何も守られていない)のため、最後にコーティングをしてやる必要がありますね。

私は自宅にあった「ワコーズ バリアスコート」を軽く塗り込みました。
艶も出て大満足です(^o^)
2箇所の作業で、だいたい1時間くらいでしょうか。

作業量的にも適量ですよ。
一度お試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました