PR

Audiに表示される点検時期を1クリックでリセット!簡単消し方

A4 (B9)
この記事は約6分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

Audiの車に乗られている方は経験があると思いますが、1年に1度以下のような文言のメッセージがメーター内に表示されます。

「オイル交換と点検時期です!」

法定点検の時期になると、毎年表示されている感じでしょうかね。
ビックリマーク付きなので、まさか警告メッセージにあたるんでしょうか。

新車購入後数年はディーラーで点検または車検を受ける方が多いでしょう。
その場合は、その際にリセット(表示を消す)してくれるので、あまり意識することはなかったと思います。

しかし、初回車検が終わってからは、車検の谷間に当たる年で法定点検を受けない人は少なくありません。
私もそのうちの1人なのですが、そうすると上記のメッセージが表示されたままになってしまうんですよねー。
これが結構うざったいわけでして。。。

OBDeleven公式オンラインショップの製品一覧ページ
AmazonのOBDeleven公式販売ページ

数量限定セール開催中 2024/4/5更新

▶︎ OBDeleven 2本体 + PROプラン + 100クレジット + スマホホルダー
29,600円 → 23,480円

▶︎ OBDeleven 2本体 + 100クレジット + スマホホルダー
15,790円 → 13,100円

▶︎ 200クレジット
7,800円 → 4,500円

どちらも数量限定のため、注文は早めが良いと思います

今回、重い腰を上げてリセットしてやりました!
しかし、やってみると意外に簡単。
当ブログで何回も紹介している、OBDelevenを使用した方法です。

もう少し具体的に言いますと、OBDelevenのワンクリックコーディングにてあっさりと消し去ることができました。
OBDeleven様様でございます。

Audiにお乗りの方で、オイル交換や点検時期のお知らせ表示を消したいなと感じている方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

この記事でわかること
  • Audi(アウディ)に表示される、「定期点検のお知らせ」を簡単に消す(リセット)する方法と手順 ※OBDelevenを使用します
  • Audi(アウディ)に表示される、「オイル交換時期のお知らせ」を簡単に消す(リセット)する方法と手順 ※OBDelevenを使用します

1.リセットのやり方は簡単。ワンクリックコーディングを2回

ウチのAudi A4(B9)は、オイル交換と点検時期の両方が表示されていましたので、以下2つをOBDelevenのワンクリックコーディーングにてリセットします。

  • オイル交換リマインダーのリセット
  • 定期点検アラートのリセット

オイル交換リマインダーのリセットのやり方

まず、車両のOBD2ポートにOBDelevenドングルを差し込み、イグニッションON。
(2019年以降モデルは車両によっては、バンパーを開ける必要があります)
そして、スマホアプリ「OBDeleven」から接続します。

ここまでで準備完了。
その後は以下の手順をスマホアプリ「OBDeleven」にて行います。

※このワンクリックコーディングを行うためには、10クレジットが必要です。

オイル交換リマインダーのリセット 手順
  • Step1
    下部メニュー「1クリック」をタップ
  • Step2
    1クリック(カスタマイズ)画面が表示されたら、上部にあるボタン「車両整備」をタップ
  • Step3
    1クリック(車両整備)画面が表示されたら、「オイル交換リマインダーのリセット」をタップ
  • Step4
    下部ボタン「値を変更」をタップ
  • Step5
    ”値を選択してください。”欄において「リセット」が選択状態であることを確認し、下部ボタン「有効化」をタップ

たったこれだけ。簡単でしょ(^^)v

定期点検アラートのリセットのやり方

準備までは、オイル交換リマインダーのリセットと同様。
以下の手順をスマホアプリ「OBDeleven」にて行います。

※このワンクリックコーディングを行うためには、10クレジットが必要です。

定期点検アラートのリセット 手順
  • Step1
    下部メニュー「1クリック」をタップ
  • Step2
    1クリック(カスタマイズ)画面が表示されたら、上部にあるボタン「車両整備」をタップ
  • Step3
    1クリック(車両整備)画面が表示されたら、「定期点検アラートのリセット」をタップ
  • Step4
    下部ボタン「値を変更」をタップ
  • Step5
    ”値を選択してください。”欄において「リセット」が選択状態であることを確認し、下部ボタン「有効化」をタップ

こちらも説明不要の簡単操作ですね。

2.注意点

ワンクリックコーディングを行う際のクレジットについて

注意することでもないですが、上記2つのワンクリックコーディングを行うためにはそれぞれ10クレジット、合計20クレジットが必要になります。
そのため、クレジットの残りが足りない場合は、操作を行う前に購入する必要がありますね。

購入は、以下OBDeleven公式ページより行うことができます。
10クレジットからの購入が可能です。

コーディング実施について

コーディングは、車両のプログラムを変更します。
OBDelevenではワンクリックによるコーディング以外にも詳細なコーディングが可能ですが、これらは全て自己責任で行うようお願いします。

3.まとめ

今回は、Audiのメーターに表示されるオイル交換と点検時期を知らせるメッセージの消し方を備忘録としてまとめました。
OBDelevenがあれば、「こんなことも簡単にできてしまうのか」と感心するばかりです。

メモ

点検のお知らせを消すのは、わずか20クレジットで可能

以前は広告を見ることでクレジットを貯められたのですが、今は購入でしか貯められなくなったので、そこがユーザとしては残念な点ですね。

らっち123
らっち123

表示を消しても、オイル交換や点検はしっかりと行いましょう

今回、オイル交換と点検時期お知らせが表示されなくなって、ホントさっぱりしました。
とはいえ、オイル交換や点検は必要なことです。
適宜行わなくてはなりません。

安全にドライブするためにも日頃から愛車のコンディションに気をかけ、必要な消耗品等はしっかりと交換していきましょう。

てかOBDelevenは、Audi Q4 e-tronやVolkswagen ID.4なんかにも既に対応しているんですね〜

OBDeleven公式オンラインショップの製品一覧ページ
AmazonのOBDeleven公式販売ページ

数量限定セール開催中 2024/4/5更新

▶︎ OBDeleven 2本体 + PROプラン + 100クレジット + スマホホルダー
29,600円 → 23,480円

▶︎ OBDeleven 2本体 + 100クレジット + スマホホルダー
15,790円 → 13,100円

▶︎ 200クレジット
7,800円 → 4,500円

どちらも数量限定のため、注文は早めが良いと思います

以下が、今回の作業のポイントです。

<オイル交換のお知らせ表示を消す 【10クレジット消費】>
OBDelevenの「オイル交換リマインダーのリセット」にてリセットを実施する

<点検時期のお知らせ表示を消す 【10クレジット消費】>
OBDelevenの「定期点検アラートのリセット」にてリセットを実施する

<オイル交換のお知らせ、点検時期のお知らせ、両方の表示を消す 【20クレジット消費】>
OBDelevenの「オイル交換リマインダーのリセット」、「定期点検アラートのリセット」にてそれぞれリセットを実施する

OBDelevenについては、以下記事も参考になるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました