PR

Audi A4 (B9)にOBDeleven Proでロングコーディングしやした★´∀`★

A4 (B9)
この記事は約4分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
寒くなったり暖かくなったり変な気候で、調子が狂っちゃいますよね。
一日の気温差も大きいので、何を着てでかけたら良いか結構迷います。

さて今回は、Audi A4(B9)に、OBDeleven Proで最近行ったコーディングの備忘録です。

1.OBDeleven Proならロングコーディングが可能

ウチで使用しているコーディングキットはOBDeleven Pro
ワンタッチコーディングに加え、ロングコーディングが行える高性能版です。

これまではワンタッチコーディングにてコーディングを行ってきましたが、ここ最近はロングコーディングによるものも行いました。
※コーディングは自己責任のもと行ってください。当ブログ記事内容を参考にコーディングされ、何かトラブル等になっても当ブログでは責任を負えません

と言ってもOBDelevenは優秀でして、階層を辿っていき設定値をプルダウン(選択肢)で変更するだけでコーディングが完了するものも多数あります。
項目数が多岐にわたるしわかりにくいので、ワンタッチコーディングよりもハードルは高くなってはいますけどね。

最近行ったのは以下2つです。

  • バーチャルコックピットのメーターデザイン変更
  • MMI起動時のウェルカムサウンド有効化

2.バーチャルコックピットのメーターデザイン変更のやり方は?

まずはコレ!
バーチャルコックピットを搭載している車両(A4)であるというのが前提ですが、メーターの雰囲気を変えることのできるコーディングです。

RS4表示にすることで、メーターの文字書体やレッドゾーン範囲、メーターの円の色などが変わります。
運転中に必ず目にする部分なので変わった感があり、満足度が高い点がおすすめポイントでしょうか。

らっち123
らっち123

メーターやMMI表示関連のコーディングは
満足度が高いです

メーターにスポーティさも出ますので、長距離運転前なんかにもテンションが上がり良いですね。
SモデルやRSモデルのような中央にメーター円が来るデザインにはなればベストでしたが、コレは個人的に大満足です。

やり方は以下。

バーチャルコックピットのメーターデザイン変更 手順
  • Step1
    「コントロールユニット」をタップ
  • Step2
    「17 Dashboard」をタップ
  • Step3
    「Adaptation」をタップ
  • Step4
    「車両仕様」をタップ
  • Step5
    設定値を「Derivative14」から「Derivative16」へ変更
  • Step6
    「SLIDE TO WRITE」を右へスライド

※アプリの仕様変更等により、手順が変更になることがあります。

OBDeleven Proの詳細な仕様の確認や購入は、OBDeleven JAPANのオンラインショップ(日本正規販売店)をご覧いただけたらと思います。
Amazonの商品ページはこちら → AmazonのOBDeleven公式販売ページ

数量限定セール開催中 2024/4/5更新

▶︎ OBDeleven 2本体 + PROプラン + 100クレジット + スマホホルダー
29,600円 → 23,480円

▶︎ OBDeleven 2本体 + 100クレジット + スマホホルダー
15,790円 → 13,100円

▶︎ 200クレジット
7,800円 → 4,500円

どちらも数量限定のため、注文は早めが良いと思います

3.MMI起動時のウェルカムサウンドを鳴らすやり方は?

2つ目はウェルカムサウンド。(正式名称はシステム作動音と呼ぶようです。)
個人的にはあまり聞き慣れないフレーズなのですが、よくある機能なのかな?

単純に、MMIを起動した際にふわーんっていう音がスピーカーから流れるっていうものです。
本当はAudiのCMの最後に流れている鼓動のような音だったら良かったのですが。。。

らっち123
らっち123

8W型の後期では、鼓動のような音(Audiハートビート)になる
みたいなことを聞きました

たしか、Audi TTは降車するときになるんでしたっけ?
試乗したときに「おぉー」って言ったのを思い出します。

あ、あと、MMIにて音のボリュームを設定できるようになります。
コーディング直後は大きな音が設定されていますので、ご注意を。

やり方は以下。

MMI起動時のウェルカムサウンドを鳴らす 手順
  • Step1
    「コントロールユニット」をタップ
  • Step2
    「5F Multimedia」をタップ
  • Step3
    「Adaptation」をタップ
  • Step4
    「Vehicle readiness sound」をタップ
  • Step5
    設定値を「非作動」から「作動」へ変更
  • Step6
    「SLIDE TO WRITE」を右へスライド

※アプリの仕様変更等により、手順が変更になることがあります。
また、くどいようですが、自己責任でお願いしますm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました