PR

Audi A4 Avant (B9)にエーモン静音計画 ロードノイズ低減マットを取付です(^ν^)

A4 (B9)
この記事は約3分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

涼しくなったと思えば、また暑さが戻ってくる…
完全に 調子狂っちゃってます(^^;)
ただ、そろそろ本格的な秋へと変わっていきそうですね。

さて今回は、エーモン静音計画第2弾!ロードノイズ低減マットの取付のお話です。

スポンサーリンク

1.エーモン静音計画 ロードノイズ低減マットとは

以前取り付けした風切り音防止モール(以前の記事はこちら)に続く、エーモン静音計画第2弾。
ロードノイズ低減マットを取り付けました~。

ロードノイズ低減マットはフロアマットの下に敷く吸音材入りのマットで、取り付ける車種のフロアマットの形状に合わせハサミでカットし使用します。
ハサミでカットしフロアマットの下に敷くだけという お手軽さが良い です。

サイズはMとLが発売されており、車種に合わせて適したサイズのマットを購入しハサミで切ることになるので、 なるべくムダが出ないよう考えてサイズを選ぶ必要がある かと思います。
吸音材が原因なのか、持ってみると意外に重く感じます。

<参考>
Mサイズ 48×45 (mm) が2枚入り
Lサイズ 48×130 (mm) が1枚入り
エーモン静音計画 全シリーズ

スポンサーリンク

2.Audi A4 Avantの取り付け箇所と必要枚数


ウチのAudi A4 Avant (B9)には、以下のような感じで静音計画の商品を用意しました。

●フロント(運転席側、助手席側)
→エーモン静音計画 ロードノイズ低減マットM (2枚)×1セット
1枚を運転席側、もう1枚を助手席側

●リア(運転席側、助手席側)
→エーモン静音計画 ロードノイズ低減マットM (2枚)×1セット
1枚を運転席側、もう1枚を助手席側

●ラゲッジルーム
→エーモン静音計画 ロードノイズ低減マットL (1枚)×2セット
1枚を運転席側半分、もう1枚を助手席側半分とし、横に2枚置くことで全面をカバー

3.取り付け方法(ハサミと鉛筆のみ)


取り付けまでの手順はざっとこんな感じ。

  1. 既存のフロアマットを外し、それをロードノイズ低減マットに型どる(鉛筆などで)
  2. 肩に沿ってハサミで切り取る
  3. フロアマットの固定部(ポッチの部分)は、緩衝しないよう切り取る
  4. ロードノイズ低減マットの裏面に、付属の滑り止めテープを貼る
  5. フロアマットの下にロードノイズ低減マットを敷き、その上にフロアマットを敷き固定する

型どってハサミで切る作業は、 意外と楽しくできました。
久しぶりに工作してる感覚でしたね(^^)
フツーのハサミでスムーズに切れるのもありがたかったです。


▼エーモン静音計画をネットで探してみました。(検索結果が開きます)
Amazonで探す
楽天で探す
Yahoo!ショッピングで探す

4.効果とデメリットは


さて肝心の効果なのですが、運転席から感じた変化としては
「ロードノイズの高音部がこもったような音になった」
音の発生源をぶ厚い箱に入れたような感じ?!
です。

参考情報として、ウチのA4が履いてるタイヤは「ピレリP7」です。
納車時に履いていたもので、ネットの記事などを見ますと 割とロードノイズは多めみたい ですね。

ロードノイズの高音部について、エーモン静音計画 ロードノイズ低減マットの取付前を10としたら7くらいまで低減されたかなぁ。
私の感覚では、わずかな変化というよりは 明らかな変化 だと思います。

あと、取付によるデメリットを考えてみると、

  • フロアマットが少し浮いた感じになる(まぁそんなに気にならないか)
  • ロードノイズ低減マットが少し重たい(まぁこれも燃費に影響を与えるようなものではないと思いますが)

といったところでしょうか。

工作が好きで、休日に気軽に工作したいって感じの方にちょうど良い作業量です。
それでいて効果もありますので、少しでも車内を静かにしたい方にもおすすめですねd(゚ε゚*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました