PR

Audi A3 Sedanに「エーモン静音計画 ロードノイズ低減プレート」を取付ですo(・∀・)o

A3 (8V)
この記事は約3分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

先日、熊本や大分で大きな地震が発生しました。

熊本、大分をはじめ周辺で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
一日も早く、日常の生活に戻れますことをお祈りいたします。

さて今回は、エーモン静音計画 ロードノイズ低減プレート取付の話題です。

スポンサーリンク

1.エーモンから発売されている静音計画シリーズ

「静音計画 ロードノイズ低減プレート」は、以前取り付けた「静音計画 風切り音防止モール」と同様、エーモンから発売されています静音計画シリーズの1つになります。

以前の記事
「Audi A3 Sedanに「エーモン静音計画 風切り音防止モール」を取付です( ̄^ ̄)ゞ」

価格はそれほど高くないですが、風切り音防止モールよりかは少し値が張りますね。
1つの商品パッケージに4つのプレートが入っているのですが、このパッケージが2つ必要になります。
(10個が1つのパッケージになっているものもあるようです。以下の検索結果参照)

ネットで「エーモン静音計画 ロードノイズ低減プレート」を探してみました。
(検索結果が開きます)
Yahoo!ショッピングで探す
楽天で探す
Amazonで探す

スポンサーリンク

2.取り付ける場所はココ!


なぜパッケージが2つ必要かと言いますと、運転席側と助手席側にそれぞれ取り付けるからです。
取付場所はシートレールが取り付けられている箇所で、1つのシートに4箇所あります。

普段あまり見る機会がないのですが、シートを1番前にずらすか、1番後ろにずらすと見えますね。
見るとわかるのですが、
普通の工具では回せなさそうなボルトで固定されてます…( ̄O ̄;)

3.こんな工具が必要になります


ネットで調べると、どうもこれはドイツ車に多く使われていて、「トリプルスクエア」という工具が必要みたいです。(別名「スプラインビット」
ならば、この際それも揃えてしまおう!

ということでネットで検索すると、上の写真の工具が出てきたので購入。
ラチェットハンドルに差し込んで使うタイプです。

ラチェットハンドルは持ってたので、この商品がわりと手頃なお値段でしたね。
…ただ、シート後方のボルトを回す際、私が持っていたラチェットハンドルだとシートに干渉してしまいました。

ラチェットハンドルにトリプルスクエアをはめ込む際、付属のアダプタを使うため、少し高さが出てしまうんです。
なので、急きょホームセンターに走りまして、狭い場所用の薄型ハンドルを購入し対応しましたf^_^;
取付をお考えの方は、この点注意された方が良いかもです。


ネットで「トリプルスクエア」を探してみました。(検索結果が開きます)
Yahoo!ショッピングで探す
楽天で探す
Amazonで探す

4.取付完了!さぁ効果のほどは?!


わずか8ヶ所の取付に1時間以上は要したでしょうか…
まぁあまり慣れていない素人がやるとこうなりますね(^_^;)

でも、無事に取付できました(^○^)
そして軽くドライブ。

ん?あ、いつもとちょっとだけ違う感じ。
うすーいクッションが入った感じというか、タイヤが少し厚くなった感じというか…

運転時に感じる不快指数が少し下がったかな。
うまく表現できなくてすいませんf^_^;

ただ、明らかに良い方向に変わったと思います。
ロードノイズはあまり変わってない気がしますが、取り付けて良かったかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました