PR

輸入車査定でおすすめのフローはこれ。申込時のポイントも

A4 (B9)
この記事は約16分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

そろそろ車を乗り換えたいけど、今の車はいくらで売れるんだろう?
次の車は決まったけど納期が不明確。でも、今の車の価値は知っておきたい。

車の査定を考える時って、だいたいこの2パターンでしょうか。
納期が不明確だったり、未定なのは今の時代特有かもしれませんが。

今乗っている車を売却して、次の車の頭金にするのが一般的です。
そして次の車を考える際、今の車の売却金額はかなり重要になってきます。
売却金額が高ければ、手持ちから出すお金は少なくて済みますし、もし思っていた以上の金額で売れそうなら、また違った車種を狙えそうなんてこともありますからね。

なので車を乗り換えるなら、だいたいの相場を知っておく必要がでてきます。
そんな時に利用するのが、車の査定。
ディーラーや中古車販売店、中古車買取専門店など、様々なところでやってもらえます。
しかし、車の査定を申し込むに当たって、やや不安な点が多いですよね。

今回、ディーラー、大手の中古車販売店、中古車フリマ、輸入車専門買取店に至るまで、幅広く査定を申し込みました。
この記事では、7社の査定を申し込んだ際の私の経験を交えながら、不安な点解消のお手伝いができたらなと考えています。

私のように数多く申し込む必要はないかもしれませんので、この記事の中からいくつかをピックアップして効果的な査定を行なっていただけたら幸いです。
だいたいの相場を知る際の注意点や、実際行った駆け引きについて、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

筆者がAudi A4 Avantを売却した時の経験をもとに、記事を作成しています

  • 査定を申し込んだ7社は、どこでそれぞれどういう特徴があったか
  • 査定を行った結果をふまえての、おすすめTop5はどこか
  • 中古車フリマや個人売買代行は、実際のところどうなのか
  • 査定を依頼する際のポイントは何か
  • 高額で売却するために、複数社へ査定を出す時の効果的なフローは

1.査定を申し込んだ7社

今回査定をお願いしたのは、ディーラーを含め7社となりました。
これまで車を売却した中で、一番の数です。
まぁそれだけ手間や時間はかかりわけですが、最終的に良い金額で売却できれば、その苦労も吹っ飛ぶというもの。

必ず、複数社の査定をお願いするようにしましょう。
俗に言う相見積もりという事になりますが、これをやらないと本来の価値よりずっと低い金額で売却することになりかねません。
高い金額で売れれば、次の車のオプションの1つや2つ追加できるかもしれませんよ?!

以下がその7社になります。

らっち123
らっち123

高く売るためには、高く買ってくれる所に売れば良いわけですが、

高く買ってくれる所は査定をしないとわからないんです


前車で最も高額だった所が、今回も高額とは限りません

アウディ正規ディーラーは、売却金額の目安を知るためにも外せないところではないでしょうか。買い替えを検討し始めたタイミングで、ショールームに寄ったついでに査定しちゃう感じがGood。査定してから日数が経過してしまっても、お世話になっているディーラーなら再査定も頼みやすいですので、売却時期が見えてきたら再度査定をしてもらいましょう。

次に中古車販売店や買取専門店ですが、最初はオートバックスがおすすめです。
というのも、オートバックスの査定では書面で「自動車買取見積書」を作成してくれるからです。
有効期限は5日ですが、明確に示してくれるのは非常に安心感が高い。見積もり担当者の印まで押してありますし。
出張査定を行なっている地域は限定されますが、店舗のピットで下回りまでしっかりと見ていただけるのもポイントですね。物によってはパーツの取り外し(工賃は必要)にも応じていただけます。

2.査定では、だいたいの相場のみを知ることも可能

車の査定をお願いしたい時って、必ずしも売りたい時とは限りませんよね?
まずはいくらくらいで売れるか相場を知って、その上で次の車を買うか買うまいか考えたい。こんな時もあります。というか、こっちの方が多いのかもしれません。

ただ、「売ると決まっていないのに査定をしてもらっても良いのか」、「査定をしてもらったら売ることになってしまわないか」などの疑問や不安から査定をお願いするのを躊躇してしまいがち。
結論から言いますと、上記は全く問題ありません。「売ると決まっていないのに査定をしてもらっても良い」、「査定をしてもらったからといって、売ることにはならない」ということになります。

また、実車査定(車を実際に見てもらって査定額を出してもらう)をしなくても、車の色やグレード、オプション、走行距離を元に相場から見た概算金額は出してもらえるんです。
これはできない会社もあると思いますので注意が必要ですが、可能な場合は各社のホームページにだいたい記載があります。買取の流れを説明する箇所などに「電話で概算査定金額をご連絡」のように書かれている場合は、OKですね。

らっち123
らっち123

実車査定する前に概算金額を聞き、その金額次第で実車査定をするか決める
そうすれば、無駄な時間を消費しなくて済みますね

ただし、今回の経験からもう一つ注意点があります。
電話がかかってきた際、「こちらから聞かないと教えてくれないパターンがある」んです。実車査定をさせて欲しいとなりその方向に話が進むため、概算金額は不要と考えるのでしょうか。
もし教えてくれなかったら、こちらから聞きましょう。ホームページに概算金額を連絡する旨が書かれているなら、それを伝えれば教えてくれるはずです。(伝えなくても教えてくれるでしょうけど)

ちなみに、私が査定をお願いした中で以下の会社は、電話での概算金額連絡に対応していると思われます。

電話での概算金額連絡に対応していると思われる会社
  • ガリバー(Gulliver)  ※ホームページに記載あり。聞けば教えてくれる
  • ネクステージ ※ホームページに記載あり。聞けば教えてくれる
  • モータ(MOTA)  ※申込翌日18時に専用ページにて公開される
  • カババ ※記載はないが、何も言わなくても相場と照らしあわせ、概算金額を教えてくれる
  • 外車バトン  ※記載はないが、何も言わなくても装備内容も加味し、概算金額を教えてくれる

3.何はともあれ、まずはお世話になっているディーラーの査定から

車の乗換や売却を考え始めたら、まずディーラーに立ち寄った際に査定をお願いしましょう。
わざわざ査定だけのために行く必要はないと思います。(急ぎの場合は別)
ディーラーのイベントや新型車の試乗、リコール対策のタイミングでも良いかもしれません。
査定した際に、中古車市場の動向などを聞けたらなお良いですね。

現時点の査定額がわかれば、ざっくりとした予定は立てられます。
査定額を考慮して頭金をいくらくらい積めそう(乗換の場合)か、良い査定額のうちに売却しようかなど。。。

4.中古車販売店、中古車買取専門店に範囲を広げて

おおよその売却時期が決まってきたら、中古車販売店や買取専門店に査定を申し込みましょう。
売却時期が決まっていなくても現時点の査定額は概算金額で教えてもらえるので、気になるようでしたら査定をしてもらうと良いです。

概算金額の場合は、電話で聞くことができるのでお手軽です。
ただし、実車査定をしてもらわないと車の詳細な状況がわからないので、ざっくりとした金額にはなってしまいます。

電話で年式や走行距離、グレード、ボディカラー、オプション装備などを聞かれますので、それに答えるだけでOK。
その場で教えてくれるか、後ほど電話で教えてくれるか、どっちかだと思います。

おすすめ1 オートバックス(AUTOBACS)

丁寧で親切な接客と、書面での査定結果が魅力です。
私は6社目でオートバックスを選びましたが、後から考えるとディーラーの次あたりにすべきだと感じました。

出張査定(自宅まで来て実車査定してくれるサービス)は地域限定なので、対象外のところが多いと思います。そのため、店舗に出向く必要はありますが、オートバックス店舗にあるピットを使用して下回りもチェックしてくれますし、査定してもらっている時間も店内でぷらぷらできたりと、メリットは結構ありますね。
査定完了時は携帯電話へ電話してくれるので、近くのカフェで時間を潰していたって良いことになります。

公式サイト

▶︎ オートバックス(AUTOBACS) 「クルマを売る」トップページ

【オリコン顧客満足度】担当者の接客力 4年連続 満足度1位

また、店舗のスタッフは接客が非常に良く、お客の立場に立って考えてくれたりするが好印象でした。
売って欲しいという圧力もほとんどなく、駆け引き的なこともないので、手始めの査定にはもってこいだと思います。

アプリから査定予約ができたりする点も細かいところではありますが、嬉しいですね。

おすすめ2 ガリバー(Gulliver)

次におすすめなのは、大手のガリバーです。中古車販売の老舗的な感じでしょうか。
もはや、聞いたことのない人はいないでしょう。

概算金額の電話連絡にも対応している(ホームページに記載あり)ため、「とりあえず概算だけでも」という方にも向いているかと思います。

全国展開しますし店舗がいろんなところにあるので、実車査定をお願いする際も”今日の今日”でお願いできたりしちゃいます。
空いた時間にサクッと実車査定するにはもってこいかもしれません。

公式サイト

▶︎ ガリバー(Gulliver)「車買取」トップページ

全国約460店舗展開。近くて安心・信頼のサポート
豊富な実績に裏付けされた査定金額

注意点としては、概算金額はこちらから聞かないと教えてくれないことがあるので、その場合はオペレーターさんに聞きましょう。
オペレーターさんが概算金額について把握していない場合は、別途電話を折り返してくれると思います。

実車査定をする場合は、結構駆け引きをしてくるので、ディーラーの査定額など具体的な数字は先に伝えない方が良いように感じました。
会話の中で数字を聞き出そうとしているのがよくわかったので、私は具体的な数字は言いませんでした。もし伝えてしまえば、それより少し上の額になるのは間違いないです。

おすすめ3 モータ(MOTA)

次におすすめなのが、モータです。
最大20社の査定額の中から上位3社のみとやり取りできるという素敵なサービス。

申し込み後、翌日18時に各社の査定額(概算金額)が開示されます。
「○○〜○○万円」のような形で幅がありますが、十分目安になるかと思います。

公式サイト

▶︎ モータ(MOTA)「車買取査定」トップページ

電話がかかってくるのは高額査定店だけ
申込の翌日18時には、査定のあった店舗全ての概算金額が確認できる!

注意点としては、車種やボディカラー、時期、タイミングなどにより査定をしてくれる会社が少なくなることがあるんです。
実際、私が申し込んだ時は2社のみの査定額しか表示されませんでした。
きっと、人気のSUV、ミニバンだともっと多くの会社に査定してもらえたに違いないです。
関係あるかわかりませんが、祝日の前の日というタイミングも良くなかったかもしれません。

結局、2社のうち上位2社から連絡がありましたのでお話ししましたが、1社が既に査定したガリバーであったため、その旨をお伝えし終了。もう1社からは連絡がありませんでした。

モータを利用してみて思ったのは、複数社の概算金額が一斉にわかるのが非常に良いなということ。
必ず概算金額がわかるので、早い段階で利用するのも手かなと思いました。
申し込み後、翌日18時の査定額開示までドキドキする感じも楽しくて良かったですね。

5.中古車フリマなら、さらなる高額を狙える

ここまでで何社か査定された場合、ある程度の売却価格は見えてくるかと思います。
そしてその予想売却価格が、「当初考えていた価格よりも安かった」、「もう少し高く売れるはずなのに」、などとなるケースが当然ながら発生します。

そんな時は、さらなる価格アップを求めて中古車フリマに挑戦してみるのもアリかと思います。
フリマと聞くと高額な車なのに大丈夫だろうかと思ってしまうのですが、そこはご安心を。
完全個人売買ではなく、間にプロが入りますので、売主、買主間のトラブルは起こりにくい仕組みになっています。

また、売れた際の手数料が無料だったりする(購入者側に手数料が発生する仕組み)ので、手数料を考慮することなく高値を求めることが可能です。

おすすめ4 カババ【中古車フリマ】

最もおすすめなのが、売主(出品者)の手数料が一切かからない、カバのマークでおなじみの「カババ」。
具体的には、出品料、出品キャンセル料、成約料が全て無料になります。
つまり、300万円で売れたとした場合、その300万円が丸々自分のものになるというわけ。

実車査定後、一番高く売れる価格を算出し出品価格を決定。面倒な出品作業も無料で代行してくれます。さらに、出品後の質問などにも代行で回答してくれ、成約後の対応までもサポートしてくれるという。。。至れり尽くせりとはこの事ですね。

トラブル予防のための整備士点検サービス(有料)なども用意されているので、心配な場合は利用することが可能です。

公式サイト

▶︎ カババ 「車を売りたい」トップページ

出品者には手数料等(出品料、出品キャンセル料、成約料)が一切かからない
中古車販売店、買取専門店よりも高く売却できる可能性あり!

注意点としては、申込から最終的な入金までやや時間がかかるということ。
次の車の納車まで数週間しかない、どうしてもすぐに売却する必要がある、なんてケースは時間的に厳しくなる可能性があるので注意が必要です。

私は一度相談させていただき、出品を断念しました。
人気車種でないと売れるまでに時間がかかったり、売れたとしても入金までに時間がかかるので、最低でも1ヶ月くらいはみておいた方が良いのではと感じましたね。

ただ、中古車販売店、中古車買取専門店よりは高い価格で売れそうなので、時間に余裕があるならチャレンジする価値はあると思います。

6.輸入車に特化した専門店にも査定をお願いしてみる

中古車販売店、中古車買取専門店で良い査定額が出ず、中古車フリマも時間的に余裕がなく断念せざるを得ない。。。最後に査定をお願いしたのが、輸入車のみを取り扱っている中古車買取専門店。
輸入車、外車を専門に買取し、独自ルートで販売する。輸入車に特化した販売網も持っていたりするので、高額で買い取ってくれることもあります。

また、輸入車のことを熟知されているので、適切な価値、価格を判断してくれるように思います。
買取価格を叩かれやすいアウディも、一般的な専門店より高い金額を期待できるかもしれません。

おすすめ5 外車バトン【輸入車特化】

私が実際に査定をお願いして高評価だったのが、外車買取店「外車バトン」。
結論から言いますと、私はこちらへ売却しました。

申込フォームに愛車に注いだこだわりポイントや機能面でのアピールポイントを記入することで、査定額に2万円〜10万円がプラスされる可能性がある(愛情査定)のが特徴です。
記入の手間はありますが長文で書く必要はないので、バッチリ書いて査定額アップを目指しましょう!

また実際にやり取りをしてみて感じたのは、他社よりも駆け引き感は少なく、売り手の意向を尊重しながら相談してくれるような対応で、好印象だったこと。
何より、これまでカスタムしてきたパーツなどについても高評価してくれたのは、嬉しく思いました。

公式サイト

▶︎ 外車バトン 「愛情買取」トップページ

愛情査定だと最大10万円アップ★

らっち123
らっち123

私がAudi A4 Avantを売却したのは、外車バトン
金額だけでなく、対応も素晴らしかったです

輸入車の売却をお考えなら、査定する価値ありだと思います

話し方も、こちらが身構えてしまうような高圧的な感じでなく、説明も丁寧。
申し込み後の翌日には電話が来て、ボディカラーや走行距離、グレード、オプション装備、手放す時期などを連絡しました。
その後折り返しいただいた電話で概算金額を聞きましたが、これまでの最高額を10万以上更新。

すぐに実車査定の予定を調整し、実車査定後に契約となりました。
遠方から来ていただいたのですが、査定を行ってくれた方の対応も素晴らしくて感心してしまうくらいでしたよ。

「外車バトン」は、中古車買取の大手である「ユーポス」が手がける外車専用のサービスに当たるみたいです。「外車バトン」はまだ始まって間もないようなので知名度が少ないですが、安心できる会社が運営されてます。アウディ乗りの方や輸入車乗りの方は、査定をお願いする1社として組み込んでみてはいかがでしょうか?

7.<番外編> 個人売買代行なら中間業者手数料分、高く売れる

中古車の流通は一般的に、中古車を売却してから次のオーナーが買うまでに幾つかの業者が絡んでおり、その都度手数料が取られています。業者は商売をしていますので、手数料を取るのは当然ですね。

中古車流通のフロー
  • Step1
    車の売却 【個人】

    400万で売る

  • Step2
    買取店 【業者1】

    手数料(利益)40万を上乗せ → 440万

  • Step3
    市場(オークションなど) 【業者2】

    手数料10万を上乗せ → 450万

  • Step4
    販売店 【業者3】

    手数料(利益)50万を上乗せ → 500万

  • Step5
    車の購入 【個人】

    消費税を加えた550万で買う

※フロー内の数字は、イメージしやすくするための例です

この例だと、400万で売った車が550万で買われており、中間業者には100万ものの手数料が取られていることになります(消費税は除く)。
もしもこの100万がなくて、直接550万で売れたら。。。
誰もが考えることでしょうね。

しかし、これに近いことを実現してくれるサービスが既に存在しているんです!

番外編 Ancar【個人売買代行】

それがAncarおまかせ出品。
一言で言うと、個人売買をプロが代行してくれるサービス。

らっち123
らっち123

メディアにも多数掲載されているものみたいですね
・日本経済新聞  ・日経産業新聞
・週刊東洋経済  ・日刊自動車新聞

販売はプロが行なってくれるので難しいことはないですし、個人売買と言っても代金の支払いや名義変更などもプロが代行してくれるので安心です。
中古車販売店、買取専門店よりも売却額アップが見込める上、個人売買の欠点も補ってくれるという素晴らしいサービスですね!

注意点としては、車を預ける必要があるので売却まで車が使えないという点ですね。
30日間、プロが個人に販売する形になり、期間内に成約しなくても延長も可能です。
また、Ancarに一般の買取額で買い取ってもらうことも可能だとか。

そして、売買が成約するまでは手数料がかからない点も魅力ですね。
成約したら、出品手数料10万円と以下システム利用料がかかります。

・売却価格が100万未満 → 5万
・売却価格が100万以上 → 売却価格の5%

公式サイト

▶︎ Ancar(アンカー)「おまかせ出品」トップページ
 ↑半分くらいスクロールしたところにある、売買実績の売却額がエグいです

個人売買だから、どこよりも高く車が売れる!
個人売買なのにプロが代行するという、他にはない新しい車売却サービス

出品手数料とシステム利用料は、中間業者手数料よりも小さくなるよう設定されているでしょうから、この差がサービス利用者へ還元されるという感じですね。
これは知っていて損はないサービスかと思います。

8.まとめ

長々と書いてきましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。

車を売却する際、最も重要なのは価格に違いありません。
しかし、最高値に辿り着くのはやや難しかったりします。
今回の私の経験を踏まえると、以下のようなイメージで査定されるのが良いのではと思います。

私がアウディA4を売却した経験を踏まえた、高額で売却するための査定フロー
  • Step1
    正規ディーラーで査定

    思い立ったら、まずはここから。

  • Step2
    カババで事前相談

    出品しなくてもおおよその出品価格、最短で入金までどのくらいかなどの相談が可能。※1ヶ月以上余裕を持って

  • Step3
    オートバックス(AUTOBACS)で査定

    書面で査定結果をもらえる。基本的に店舗での査定。アプリより事前予約。初めての査定には良い。

  • Step4
    モータ(MOTA)で査定

    一度に複数の概算金額(申込翌日の18時に開示)がわかる。

  • Step5
    ガリバー(Gulliver)で査定

    モータにてガリバーが査定していなかったり、査定会社が少なかったら、ここでお願いしても良いかも。

  • Step6
    カババで出品

    時間に余裕があり、フリマの方が高値が見込めそうな場合は出品。

  • Step7
    外車バトンで査定

    最初からここでも良いような気もするが、フリマ以外で最も高値が期待できるため、お願いする。ここは外さない方が良いと思う。

ポイントは、以下3点になります。

査定をお願いする際のポイント
  • 中古車フリマサイトを利用するなら、売却したい時期より1ヶ月以上前に事前相談
  • 複数社の概算金額がわかる「モータ(MOTA)」をうまく使う
  • アウディなどの場合、輸入車に特化した「外車バトン」は査定してもらう価値あり

高く売って、次の車をランクアップ、オプションをプラスしましょう!
複数社での査定は手間がかかりますが、その先にあるものは大きいですよ。

らっち123
らっち123

最後に、本記事にて紹介したサービスを一覧でまとめておきます

コメント