PR

Audiにもピタッと決まるぞ!PITAKAの車載スマホホルダー「MagEZ Car Mount Pro」

A4 (B9)
この記事は約4分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

コロナが落ち着いてますね。
理由が明確でないところが怖いですが、落ち着いていることは良いことですね。
年末年始もこの状態でいてくれることを強く望みます。

さて今回は、この安定感は素晴らしいぞ!PITAKAの新作車載スマホマウントのお話です。

スポンサーリンク

1.PITAKA MagEZ Case 2専用の新作車載マウント

私は普段からiPhoneやiPad、Apple Watchなどのケースは、PITAKAのものを愛用しています。
このたび新作の車載マウントが発売されたと知り、さっそく購入して取り付けてみました。

実は以前もPITAKAの車載マウントを使用していましたが、MagSafeには対応していないため、車載マウントの交換が必須となっていたんですよね。

以前はサクションカップタイプ(吸盤で固定するタイプ)でしたが、今回はエアベントタイプ(エアコン吹出口に固定するタイプ)を選びました。
iPhoneの固定はマグネットを使用するため、余計な部品がなく非常にシンプルな見た目となっているのも特徴ですね。

PITAKAはカーボン柄の商品を多数ラインナップしているので、車好きの方は結構おすすめだと思います。
スマホのケースだと、アラミド繊維という軽くて薄くて上部な素材を使用しているのも、私が支持している理由です。

PITAKAは、日本市場ではAmazonと楽天で公式ストアを展開しているので、興味のある方はチェックしてみてください。
PITAKA Amazon公式ストアと、PITAKA Rakuten公式ストア
です。

スポンサーリンク

2.この商品、PITAKAの細部へのこだわりが感じられるぞ

購入した商品のパッケージを開けてみると、2つの小さなパーツが入っていることに気づきました。
本体に給電するためのUSBケーブルが付属するんですが、このケーブルをキレイに配線するためのタイラップ的なもののようです。

裏には両面テープが貼ってあります。
使うか使わないかはユーザ次第ですが、配線まで気を使う部分が良いなと感じました。

本体背面は通常あまり目に入らない部分ですが、グロスブラック仕上げでしっとりとした艶があります。
また上述のUSBケーブルの両端にはカーボン柄があしらわれています。

細かいですが、こういった部分からはPITAKAのこだわりがすごく感じられますね。
あ、そうそう、排熱口もちゃんと設けられていました。

全体的にクオリティも高い印象です。

キャンペーン・セール情報

現在、キャンペーンは開催されていません
情報が入り次第、こちらにてお伝えする予定です

3.エアベントへの取付だが、抜群の安定性

今回はエアベント(エアコン吹出口取付)タイプを購入しましたが、実は購入して取り付けてみるまでエアコン吹出口への取付の安定性を不安視していました。
結構昔ですが、エアコン吹出口にドリンクホルダーをつけていたことがあって、結構ガタツキがあったのを覚えていたからです。

しかし、今回のPITAKA MagEZ Car Mount Proを取り付けてみて、良い方向に裏切られました!
ガタツキが一切ないんです。

Amazonで探す
Rakutenで探す
Yahoo!ショッピングで探す

エアコンのフィンに挟み込む形なのは従来どおりなんですが、上下に挟み込むんじゃなく、前後(手前から奥)に挟み込むという構造。
フィンが上下に動かないように固定もされるので、スマホの重みでフィンが下がってしまうなんてこともないです。

これは凄い!と思ったのは言うまでもないですね。
なので、現在サクションカップタイプのものも発売されているようですが、断然エアベントタイプをおすすめします!

4.ジェントルな車にはよく似合うデザイン

本体の表面はつや消しグレーで中央部がカーボン柄になっており、車内インテリアに溶け込みますね。
過度に主張しないところが良いなと感じました。

上述しましたが背面のグロスブラックも、ちらっと見えた時の高級感が良い感じです。
乗車時や車外からしか目にしないですが、それくらいがちょうどいいように思います。

大きさも大きすぎないところが気に入ってますね。
うーむ、良いことばかりだ。。。

耐久性はまだわからないので、そこは今後検証していこうと思います。
Car Playを使わない時のiPhoneの置き場は、ココで決まり!

スマホケースPITAKA MagEZ Case2が対象なので、そこはご注意くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました