PR

Audi純正サンシェードで、後席の暑さ対策とUVカットd(-ω・。)

A3 (8V)
この記事は約3分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

みなさん、こんにちは~

ホント暑くなりましたよねぇ。買い物から車に戻ってきて乗り込む時って、モワッとした熱気がすごいです。
さて今回は、今の季節やこれから夏にかけて活躍するであろう、Audi純正リヤドア用サンシェードの話題です。

スポンサーリンク

1.後席を使用する機会が増加したことによって

昨年末に家族が増え、チャイルドシートと共に後席に座るようになりました。
今まではほとんど荷物の置き場くらいにしか使っていなかったのですが、いざ使い始めると必要な物が出てきます。

この必要な物の1つが、Audi純正リヤドア用サンシェードというわけです。
ここ最近はだいぶ暑くなり日差しが強くなりました。

そうなるとエアコンをつけたいところ。
でも、小さな子供がいるのでなるべくエアコンは避けたい。

そのため窓を開けて走行しますが、窓を開けると日差しが直接差し込んでくる…(゚o゚;;

スポンサーリンク

2.プライバシーガラスではあるが


そこで、まず考えたのは市販のリヤドア用サンシェード。
吸盤で窓に貼り付けて使うタイプと、窓枠にステーを取り付け固定するタイプがありました。

吸盤で窓に貼り付けて使うタイプは、スモークフィルムが貼ってあるところにつけるわけで、取り外し時にフィルムに傷がついたり剥がれたり(まぁないとは思いますが…)する可能性が出てきます。
窓枠にステーを取り付け固定するタイプは、窓枠に両面テープでステーを取り付けるので、不要になった時に簡単に剥がせるのかが不安です。

さらにどちらにも言えるのですが、汎用品であるためA3 Sedanの窓形状に合っていなく、隙間が開いたり大きすぎたりしてしまいます。

3.候補に挙がったのはAudi A3 Sedan専用品


そこで候補に挙がったのがA3 Sedan専用品。
いろいろ調べた結果、Audi純正のものとドイツ Clim Air(クリムエアー)社のものが存在することがわかりました。


Clim Air社のサンシェードは、OEMにてAudiに供給されてるっぽいですね。
要はAudiのロゴマークが入っているかいないかの違いってことですか。

後は商品構成が違いますね。
Clim Air社の方は、リヤドアに加えてリヤトランクの窓用、リヤサイドの三角小窓用のサンシェードもセットになってます。

一方、Audi純正の方は、リヤドア用のみでセットになってます。
リヤトランクの窓用、リヤサイドの三角小窓用は別セットなので、こちらも必要だと合わせて2セット買わなくてはいけないことになります。

4.結局購入したのは


Clim Air社のものは、amazonにて7000円くらいの割引がありましたのでお値打ちに買えます。(執筆時点)
どちらもなかなかなお値段なので、簡単に購入とはなりませんでしたが、悩んだ結果Audi純正を購入しました。

私にはリヤトランクの窓用は不要でしたので、消去法でAudi純正に決定!といった感じです。
なお、Audi純正品を購入時は以下を間違えて購入しないように注意が必要です。

リヤドア用(後席のパワーウィンドウ)が欲しい場合
「リヤドア用サンシェード」

リヤトランクの窓用とリヤサイドの三角小窓用が欲しい場合
「リヤクォーターウィンドー&リヤトランクリッド用のサンシェード」

また、スポーツバック用とセダン用がありますので、そこもお間違えなく。

ネットでAudi A3(8V)用リヤサンシェードを探してみました。(検索結果が開きます)
Yahoo!ショッピングで探す
楽天で探す
Amazonで探す

5.実際使用してみて

実際に使用してみた感想です。日差しはそこそこ和らぎましたね。
窓を開け閉めできるのも非常に嬉しいです。

また、紫外線(UV)カットされているみたいですから、窓を全開にした時でも安心です。
虫や蚊の侵入も抑えます。

室内からの見え方ですが、網目状になっているので若干のぼんやり感はありますが、昼間なら全く問題ない感じですね。
ただ夜間、車線変更時など左右の後方が目視しづらい感じはありました。

ドライバーは、この点注意が必要かもしれません。
トータル的には買ってよかったと思います。これから残暑まで長く使えそうです( ̄+ー ̄)

コメント

タイトルとURLをコピーしました