PR

PITAKAのMagEZ StandでiPadをTV化!意外と便利です

その他
この記事は約5分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

少し前には一気に暖かくなったかと思いきや、一気に冬に逆戻り。。。
ここんとこ体調管理が難しいですね。
体調を崩さないようにお気をつけください。

さて今回は、「まさかこんな使い方ができるとは!PITAKAのMagEZ StandとiPadで簡易テレビを実現です」というお話です。

スポンサーリンク

1.ダイニングでテレビ(TV)を観る手段を模索

我が家の事情にはなってしまうんですが、食事中はテレビは不要との考えからダイニングにはテレビを置いていません。
小さなテレビでも場所を取りますし、配線(アンテナ線)も必要ですしね。

ただそうは言っても、子供が小さかったり朝はコーヒーを飲みながらニュースをチェックしたいなどの理由から、「テレビがあったらな」と思うこともしばしば。。。
リビングにはテレビがあるので、ダイニングテーブルを移動させれば観れないことはないんですが、ダイニングテーブルの位置が微妙になるし。

そこで、簡易テレビのようなものを導入できないかと検討することにしました。

早速ですが、まずはワンセグ。
こちらは画質が悪いから却下です。出先なら我慢できますが、家であの画質は耐えられません。

次はフルセグチューナー。
最近ではこんなものが出ているんですね、持っているiPadに取り付けて使用できるみたいです。

ふむふむ良さそう。お値段も1諭吉ちょっと。
出先でも使えるし、この値段なら悪くないかな。

てことでフルセグチューナー一本で検討しよう。。。という矢先、ある記事に「地上波の映像を無線で飛ばす」という内容のものを発見。
フルセグチューナーだと屋内での電波感度が心配なこともあり、無線で飛ばす方法の方が良いなと判断しました。

スポンサーリンク

2.SONYはやっぱ凄い。10年前のレコーダーでもコレができるとは!

よく考えると、ウチの環境でも(録画したものに限りますが)レコーダーから無線でテレビに飛ばして観ています。
SONYのブルーレイレコーダーとSONYのブラビアというテレビを使用しているんですが、たしかブラビアリンクとかいうやつだったかな。

ただ、ブルーレイレコーダーは10年も前のBDZ-AT970Tというモデル(2011年10月発売)。
そんなことはできないだろうと思っていました。

が、結論から言いますと「できました!」
しかもあっけなく。

追加費用もかけず、iPadでリアルタイムにテレビが観れるようになりました。
厳密に言うと10秒ほど遅れはあるので、リアルタイムではないんですけど全く気にならないです。

また画質は720pで、十分にキレイな映像です。

10年も使ってきて、今さらこの機能に気づくとは。。。
そんな感じですが、やっぱSONYは凄いなって改めて思いましたね。

3.簡易テレビの台座にはPITAKAのMagEZ Standが最強!

家の中に限るみたいなんですが、地上波に加えてBS/CS(もちろん契約しているチャンネルのみ)も観れる。
現行モデルはさらに、外出時にも観れるようにできるようです。

今のが壊れて買い換えるなら、こりゃまたSONYだな。
ウォークマンやコンポなどの時からSONY推し(SONY信者)でしたが、ここへ来てまたSONYが好きになりました。

で、どのようにすれば観れるようになるかなんですが、それは最後にしまして。。。
実はこれに加えて、(以前に車載スマホホルダーで紹介した)PITAKAのMagEZ Standが組み合わさることで最強のモバイルテレビになったんで、それを先にお伝えしたいです。

映像が映るようになっても、今度は見やすい角度にどう固定するかが問題になってきます。
それを一気に解決してくれるのが、PITAKA MagEZ Standっていうわけです。


Amazonで探す
Yahoo!ショッピングで探す
Rakutenで探す

上下には傾きを調整できるし、本体自体の向きを変えることは容易です。
安定感も抜群だし、iPadのつけ外しもマグネットなのでノーストレス

これはもはや神ツールですね。
サブディスプレイとしても使えるのは以前もお伝えしましたが、まさかこんな使い方がベストマッチするとは。。。

その他の使い方としては、説明書を見ながらの作業やカメラを使ったリモート会議、家族や仲間と一緒に調べ物をする、なんてのが代表的でしょうか。

キャンペーン・セール情報

現在、キャンペーンは開催されていません
情報が入り次第、こちらにてお伝えする予定です

4.簡易テレビ実現のやり方・用意するものなど

では、やり方です。用意するものとしては以下6つ。

用意するもの
  • Apple iPad Air4
  • PITAKA MagEZ Case2 for iPad Air4
  • PITAKA MagEZ Stand
  • SONY ブルーレイレコーダー
  • 「Video & TV Side View」アプリ
  • インターネットに接続できる環境(WiFiも)

※MagEZ Standに付属のメタルプレートを使用すれば、MagEZ Case2がなくてもiPad Air4でなくてもOK(1kg未満のタブレットに限る)

あらかじめ必要な設定としては「家中どこでも視聴」の設定です。(詳細は以下リンクのSONY公式ページよりご確認いただけます。)
https://www.sony.jp/support/software/videotvsideview/faq/basic06.html

ざっくり言うと、ブルーレイレコーダーとiPadの「Video & TV Side View」アプリを紐付け登録するってことです。

ここまでできてしまえば、上述のアプリを開き、番組表から観たい番組をタップし「モバイル視聴」をタップするだけです。
あとはダイニングテーブルの観やすい位置にPITAKA MagEZ Standを置き、上下の向きを調整するだけですね。(音量もですかね)

SONYのレコーダーをお持ちの方は、一度確認してみてはいかがでしょうか?
結構便利ですよ。

以上、PITAKA MagEZ StandとSONYのブルーレイレコーダーを使った便利な簡易テレビのお話でした。
ちなみに、録画した番組も観れちゃいます。良い時代になりましたなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました