PR

Audi A3 Sedanに梅雨対策を実施ですψ(`∇´)ψ

A3 (8V)
この記事は約4分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています。

みなさん、こんにちは~。

6月も中旬。かなりジメジメした陽気になりました。
会社への行き帰りは結構汗かいちゃいます。
朝の電車なんかはちょっとモワッとした空気で嫌ですよねぇ。

さて今回は、しばらく続く梅雨の対策をAudi A3 Sedanにしたっていうお話です。

スポンサーリンク

1.視界の確保 その1 ガラス

梅雨になるともちろん雨が多いわけですが、雨の日に運転すると視界が悪かったり、ボディやホイール、タイヤが汚れやすかったりします。
なので、これらのいくつかについて対策を実施しました( ̄▽ ̄)

………
まずは、視界の確保その1。
ガラスの清掃です。

具体的には、油膜を取って撥水を施します。
油膜は日々の運転でガラスにこびりついていきますので、定期的に取った方がいいですよね。

この後撥水処理をするので下地作りにもなります。
油膜取り、撥水処理はともにガラコ製品を使用。
まずガラスをキレイに拭き、液状の油膜取りを擦るように塗っていきます。

ガラコ製品は握りやすい形状なので、力が入れやすく使いやすいです。
乾いてしまうと良くないので、ガラス1枚やったら洗い流し、また1枚とやっていきます。

油膜取りが全て終わったら、撥水剤を塗っていきます。私のA3 SedanにはフロントガラスにBELLOFの撥水ワイパーが付いている(以前の記事参照)ので、フロントガラス以外を行います。

塗ってしばらくしたら固く絞ったタオルで拭き上げて終了です◎

スポンサーリンク

2.視界の確保 その2 サイドミラー

その2はサイドミラーです。
その1でかなりの視界が確保されるのですが、運転中には横や後方の確認にサイドミラーを使いますよね。

雨の日、サイドミラーに水滴がついて後方が見えづらかったという経験は結構あると思います。
車線変更など短いタイミングで確認しなくてはいけないのに、見えづらいのは危険です。

その対策としてミラーに水滴をつきにくくしてくれるアイテムを使用です。
これもガラコ製品ですが、決してガラコのまわし者ではありません。


こいつが少し厄介でして、ボディにつくと良くないらしく、写真のように囲いをしてスプレーします。
基本的にスプレーをして乾かすだけなのですが、液ダレの跡が残ってしまいやすく、これがなかなか難しい。

今回は右側が失敗…後日施工し直しとなりました。
失敗してもすぐに固く絞ったタオルで拭けば簡単に落ちるので心配はいりません。

施工した左側ミラーは、雨の日でもほぼ水滴がつかず非常に見やすくなりました(^O^)

上の写真がミラーコート無しと有りの比較です。
ミラーコート有りの方にも水滴が付いているように見えますが、この水滴はミラーに映ったボディの水滴です。

3.雨の日は足元が汚れやすい

その3はタイヤです。
ただでさえブレーキダストがつきやすいAudiのブレーキ。
雨の日だと、その汚れ具合も格段に上がってしまいます。

幸い、私のA3 Sedanは低ブレーキダストのものに取り替えてありますが、そうは言っても雨の日は汚れがつきやすいです。
泥水や草などもつきますね。

ホイールはコーティング済みなので、今回はタイヤをターゲットにしました。
まず洗車時に、スポンジなどでタイヤも洗います。ブレーキダストが付着してると茶色っぽく見えるので、これを落とせればベストなのですが簡単には落ちないことが多いです。

そんな時は、以前紹介したアーマーオールを使用してみてください。(以前の記事参照

汚れを落とし水滴等を拭き上げたら、タイヤワックスを塗ります。
私が使ってるものは、持ち手がついた専用のスポンジが付属しているもので、使用の際手が汚れなくて気に入っています。
車を少し動かし、タイヤの下部も塗り上げたら終了です◎

4.上で登場したアイテムをネットで探してみました。(検索結果が開きます)

●ガラコ デカ丸

楽天で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazonで探す

●ガラコ 油膜取り

楽天で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazonで探す

●ガラコ ミラーコート

楽天で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazonで探す

●シュアラスター タイヤワックス

楽天で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazonで探す

ネットでは結構安く出てたりしますが、送料がネックですね。
私は、〇〇円以上で送料無料っていうお店でまとめ買いしてます。
ポイントデーやタイムセールなども合わせると、結構お得ですよV(^_^)V

コメント

タイトルとURLをコピーしました